観る人から,つくる人に。地産アートから見える未来。

2013.10.05(土) OPEN 13:30 START 14:00  @HOTEL ANTEROOM KYOTO

山崎 樹一郎 映画監督,トマト農家,岡山
津田 和俊  大阪大学 創造工学センター 助教,大阪

第1部 14:15〜15:45  映画「ひかりのおと」上映(89分)
第2部 16:00〜17:00 トーク、質疑応答
第3部 17:15〜18:00 懇親カフェタイム

近年, これまでの大量流通する既成品に囲まれる生活を変え, 身の回りのものを手間をかけて作り上げていくことや, 生産者の顔が見える商品に価値を見出す人々が増えているようです。

CLASS ROOM第5回では, 「観る人から, つくる人に。地産アートから見える未来。」をテーマに,岡山県真庭市で, トマト農家として働きつつ「地産地生」の映画づくりを行っている山崎樹一郎監督と,大阪大学 創造工学センターに在籍し, 「FabLab Kitakagaya(ファブラボ北加賀屋)」共同ディレクターほか多方面での活躍を見せる津田和俊氏をお迎えします。

今回のプログラムでは山崎監督の代表作「ひかりのおと」の上映を行いながら, 農業に代表される地方のものづくりについて, また, 技術の発達によって場所や規模・予算などの制約から解放されつつある, これからの「ものづくり」についてお話を伺ってみたいと思います。

なお, トークの後は恒例のスピーカーと参加者の皆様が意見や感想を交わす, 懇親カフェタイムを設けております。 どうぞお気軽にご参加ください。

※1 映画「ひかりのおと」
「その土地と人の営みを見つめる」というテーマに, 岡山県真庭市を舞台とし, 三代続く酪農を継ぐため, 東京から故郷に戻ってきた青年の葛藤と, かすかな希望を描く映画。山崎樹一郎監督による初長編作品。地域住民を巻き込みながら作られた本作は5ヶ月にわたり岡山県内全域にて, 公民館, ライブハウス, 旅館, 学校, カフェ, 古民家, 田んぼなど, 全51会場100スクリーンでのキャラバン巡回上映され, 地産地生映画として話題を呼んだ。
【上映された主な映画祭】
第24回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門
第41回ロッテルダム国際映画祭Bright Future部門
第7回大阪アジアン映画祭特別招待作品部門
第12回ニッポンコネクションNIPPON VISIONS部門
アジアフォーカス・福岡国際映画祭2012 特集【〈アグリ・シネマ〉農業と映画】

▶ ゲストのプロフィールはこちら

写真は前回の懇親カフェタイムの様子です。

参加お申し込み
TOP